Episode 56

DeFiとは?MakerDAOのメカニズムにみる新しい金融の形

March 10th, 2019

25 mins 39 secs

Your Host

About this Episode

今回のキーワード:

DeFi(Decentralized Finance) / オープンソース+分散ネットワークを利用して、従来の金融商品を仲介者無しで、信頼性・透明性の高いプロトコルに変えようとするムーブメント / DeFi Pulse / MakerDAO / DAI / The Collateralized Debt Position (CDP) / ステーブルコインの必要性 / Tether / 非中央集権型のステーブルコイン / MKRを活用したガバナンス / DAI・CDPのユースケース / ETH/DAIのロング取引 / DAI・CDPのインセンティブメカニズム / キーパー / DAIの発行・取引・回収メカニズム+MKR保有者によるガバナンス+分散した私利的なキーパーの活動 --> DAIの安定化


話した内容:

00:50
DeFiのコンセプト・現状の説明
MakerDAOの取引額

04:00
MakerDAOの概要、DAI、The Collateralized Debt Position (CDP) の説明
ステーブルコインの必要性
Tetherとの比較、DAIの特徴

09:25
DAIの価格チャート
MKR保有者によるリスク管理

11:00
DAI/CDPの利用シーン、ユースケース
ETH/DAIのロング取引例

14:00
MakerDAOのインセンティブメカニズム
キーパー
まとめ

20:33
公式サイトアップデートのお知らせ


参考:

Awesome Decentralized Finance
https://github.com/ong/awesome-decentralized-finance

DeFi Pulse
https://defipulse.com

DeFi Pulse

DAI チャート
DAI Chart

Dai Stablecoin System White Paper
https://makerdao.com/en/whitepaper/

Dai Stablecoin System Purple Paper
https://makerdao.com/purple/

DAI
https://makerdao.com/en/dai

CDP Portal
https://cdp.makerdao.com/

ETH/DAIのロング取引例
Untitled

Introduction to the Dai Stablecoin System

Stability Mechanics of the Dai Stablecoin System

Dai CLI
https://developer.makerdao.com/dai/1/cli
(MakerDAOのEthereum上のコントラクトとやり取りできるコマンドラインインタフェース)

CLIの実行結果例
DAI CLI

CDPのコントラクト
https://etherscan.io/address/0x448a5065aebb8e423f0896e6c5d525c040f59af3

担保トークンのコントラクト
https://etherscan.io/address/0xc02aaa39b223fe8d0a0e5c4f27ead9083c756cc2

Target Rate Feedback Mechanism(TRFM)のコントラクト
https://etherscan.io/address/0x9b0f70df76165442ca6092939132bbaea77f2d7a
(Sensitivity parameterのhowが0に設定されているので、現在はOFFになっていると思われる)

Keepers
https://developer.makerdao.com/keepers/

MakerScan
https://makerscan.io

Podcast Hosting and Analytics - Fireside
https://fireside.fm/


ご注意:
このポッドキャストでは、いくつかの暗号通貨のプロジェクトについて紹介していますが、これは暗号通貨のメカニズムを紹介したものであり、特定の暗号通貨の購入を推奨するものではありません。暗号通貨を購入される場合はご自身で調査し、ご自身の判断で行っていただくようお願いします。


このポッドキャストへのお問い合わせ、ご感想、ご質問、ご要望は公式サイト(www.prototype.fm)内の、お問い合わせからメッセージしてください。

Twitterの場合は #prototypefm をつけてツイートしてください。

iTunesStoreでのレビューもお願いします。