Episode 53

サービスをデザインするということ(佐野彰彦 sano_akihiko)

February 27th, 2019

29 mins 54 secs

Your Host
Special Guest

About this Episode

クリエイティブディレクター、デザイナー、コピーライター、音楽家、DJ、株式会社それからデザイン代表の佐野彰彦さん(@sano_akihiko)と、サービスをデザインするということ、よいデザインなどについて話しました。

今回のキーワード:

目に見えないデザイン/サービスをデザインする人が求められている/クライアントワークと自社サービス/とりあえずHP/気軽にサイトを作る人を増やしたい/ポートフォリオの重要性/よいデザインとは/サービスの作り手と受け手の間にストーリーが生まれること/作り手と受け手の感覚が一致すること

ゲスト: 佐野 彰彦(@sano_akihiko

ホスト: 山本 大策(@daisaku

参考:

とりあえずHP

https://pr.toriaez.jp

収録を終えて:

デザインについて真摯に向き合っている佐野さんのような人と話すと、自分のデザインに対する目線の甘さに気づき、少し恥ずかしくもなるが、そんな自分でもデザインすることが求められる時代なのだと感じる。そもそもいまネットで何かをアウトプットするときに、何もデザインしないほうが難しいだろう。デザイナーではなくても、何かをデザインする(している)時代。そんな時代を生きている。そして、そんな時代においては「いいデザイン=いいビジネス」になっていくのも当然。そんなビジネスとデザインの狭間で自分もいいデザインのサービスを生み出していきたいと思う。

あと、佐野さんのオフィス TURN harajuku がとても素敵な空間だったので、そこで PROTOTYPE.FM のイベントを開催しようと思案中。お楽しみに。

このポッドキャストへのお問い合わせ、ご感想、ご質問、ご要望は公式サイト(www.prototype.fm)内の、お問い合わせからメッセージしてください。

Twitterの場合は #prototypefm をつけてツイートしてください。

iTunesStoreでのレビューもお願いします。