25: クリプトエコノミクスとは何か?

iTunesで購読する

山本大策(@daisaku


今回のキーワード

・Cryptoeconomics

Introduction to Cryptoeconomics - Vitalik Buterin

・暗号技術と経済的インセンティブ

Steemit

・持続可能性

・メカニズムデザイン

・社会学


収録を終えて

旧約聖書には、ソロモン王のジレンマと呼ばれるシーンが描かれているらしい。

ソロモン王の前で、二人の女がある赤ん坊について「私がこの子の母だ」と主張していた。どちらか一方は本当にその子の母親だが、もう一方は嘘をついている。二人の訴えを聞いたソロモン王は、剣を持ってきて、その子を二つに切って半分ずつ分け与えるよう家臣に命じた。すると、本当の母親は咄嗟に、この子が殺されてはいけないと、嘘をついている女に子どもを渡そうとした。これによりソロモン王は、子どもを渡そうとする女が真の母親だと見抜き、子どもを切らないで、彼女を母親だと認める判決を下した。

[旧約聖書「列王記3」より細部を省略して抜粋]

「メカニズムデザイン 資源配分制度の設計とインセンティブ」(ミネルヴァ書房)では、このソロモン王のジレンマを解決するメカニズムが紹介されている。

(1) グレーザー=マーメカニズム

(2) 三原=チン=ヤンメカニズム

(1)は真の母親でないと払いたくないと思えるような高い金額の支払いと偽の母親とされた場合の罰金を設定することで、真の母親が名乗り出る可能性を高める仕組み、 (2)は第二価格オークションへの参加料という設計で、真の母親がオークションに勝つ可能性を高める仕組み、と個人的には理解した。

このソロモン王のジレンマの例から分かるのは、特定の社会において嘘をついたり、悪いことをしようとしても、その社会に適切に組み込まれたメカニズムがあればそれを防ぐ可能性があるということだ。

今回話したクリプトエコノミクスは、暗号技術とインセンティブを組み合わせて、将来的に正当で秩序を保った自律的な分散型P2Pネットワークを作ろうというアプローチ。

今後ブロックチェーンを活用した非中央集権的なプロトコルやアプリケーションにおいて、 クリプトエコノミクスの設計は必須となっていくことが考えられる。ただし、クリプトエコノミクスに人間の行動が含まれる箇所が多くなればなるほど、メカニズムを設計することは難しくなっていく。なぜなら、アプリケーションを利用する人間が必ずしも合理的な行動をとるとは限らないからだ。

クリプトエコノミクスの設計では、ブロックチェーンなどの技術知識、メカニズムデザイン、ゲーム理論、社会的選択理論などのミクロ経済学(どれも理解できないけれど)に加えて、行動経済学や社会学が必要となってくるのだろうと思う。そして、この分野にはこれまでのサービス開発には無かった持続可能性のある経済と社会の仕組みを設計・実装するという新しい面白みがある。

2004年に雑誌で紹介されていたOrkutというサービスの存在から初めてソーシャル・ネットワーキング・サービスという概念を知ったとき、期待と興奮と疑念が入り混じったようなモヤっとワクワクした気分になったことを憶えているけど、クリプトエコノミクスについて調べているときにちょっとそんな気分になって懐かしくなった。


このポッドキャストへのお問い合わせ、ご感想、ご質問、ご要望は公式サイト(www.prototype.fm)内の、お問い合わせからメッセージしてください。

Twitterの場合は #prototypefm をつけてツイートしてください。

iTunesStoreでのレビューもお願いします。